知識が不要?アンドロイド向けのアプリ開発は業者依頼が可能
ロゴ

希望に合ったアンドロイドアプリ開発をするならプロにお任せ

アプリ開発をしてみよう

アンドロイドのアプリ開発環境は無料で手に入れることが可能です。パソコンさえあれば誰でもが開発可能です。しかし、Javaなどのプログラミング言語を習得する必要があります。他の方法としては業者に依頼する方法もあります。

アンドロイドアプリ開発業者に依頼する時の流れ

企画書・仕様書の作成

アンドロイドのアプリ開発を行うにあたって、最初に行うことはどのようなアプリを開発するのか企画し、その動作を指定する仕様書を作成することです。業者によってはこの段階から共同作業してくれるところもあります。

デザインの作成

仕様が決定すると、その仕様書に基づきアプリのデザインを作成していきます。場合によってはこの段階にてグラフィックデザイナーやカメラマンなどの力を借りることとなります。この段階でモックアップを作り全体的なイメージを固めていきます。

プログラミング

次にプログラミングを行い機能を実装していきます。通常は、機能ごとにモジュール化して複数人数にて分担して設計することが多いです。それぞれの人の担当のプログラムが完成したところで全体を統合します。

デバッグ作業

アプリが完成した段階にて、アプリにバグが潜んでいないかどうかを検証するために、デバッグ作業を行います。業者によってはデバッグを専門に行う品質管理部門がある業者もあります。また、ベータ版をリリースして一般人の力を借りることもあります。

知識が不要?アンドロイド向けのアプリ開発は業者依頼が可能

携帯

優良なアプリ開発業者の特徴

優良なアプリ開発業社の特徴としては、豊富なアプリ開発実績がある会社であるという特徴があります。また、幅広い分野に関しての開発実績がある業者も優良な業者と言えます。幅広い分野を手がける業者は、多数の開発プラットフォームを持っています。なお、実績豊富な業者であるとこれまで開発してきたアプリのプログラムデータを豊富に持っているため、かつて開発したプログラムデータを有効活用することで品質が高く、短納期でのアプリ開発が可能となります。

アプリ開発費用の相場

アプリ開発の費用については、開発するアプリのジャンルと、プログラム規模によって異なってきます。具体的にはアプリ開発にかかる期間と開発に携わるエンジニアの数にて決定されます。一般的にエンジニアの工数は1人1日あたり、約40000円が相場になっています。そのため、エンジニア1人で1日で開発できるアプリは40000円となるわけです。一般的には店舗の宣伝アプリなどは100万円前後、ゲームなどの複雑なアプリは500万円から1000万円程度となります。

アプリ開発時の注意点

アプリ開発時の注意点としては、どのようなアプリを何のために作るのかという企画をしっかりと決定しておくことです。企画がしっかりしていないとアプリ開発を委託された業者も困ってしまいます。また、アプリ開発を委託するときには、自分たちが作りたいアプリの分野について豊富な開発実績を持っている業者を選定する必要があります。

よく使うアプリの種類ランキング

no.1

カレンダー系アプリ

スマートフォンに搭載されたクロック機能を使用したアプリで、自分の予定などを登録できるカレンダーアプリの使用頻度が高いです。このアプリの良いところは時間になるとスケジュールを教えてくれることです。

no.2

ニュース系アプリ

インターネットからニュース情報を取得して、旬のニュースを表示してくれるアプリです。エンタメから、スポーツ、社会などのカテゴリーに分けて見やすく表示してくれます。

no.3

写真系アプリ

スマートフォンなどで撮影した写真を画質補正したりできる写真系アプリも使用頻度が高くなっています。また、クラウドと連携し撮影した画像を自動的にクラウドにバックアップするアプリの仕様頻度も高くなっています。